ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む
もうメガネはいらない。脳の使い方で目がよくなります。

アイボディ 脳と体にはたらく目の使い方

ピーター・グルンワルドのアイボディ・メソッドへようこそ!
この方法の学習により,目と脳と体のはたらきが良くなり,メガネがいらなくなります。

アイボディ1日ワークショップは東京,京都とも盛会のうちに終了しました。つぎの機会は10月30日(日)〜11月2日(火)の京都セミナーハウスでの合宿です。ご参加お待ちしています。

個人レッスンは11月26日(土)〜12月3日(土)にマティアスが来日します。

2017年4月22日〜5月1日にはニュージーランドで日本人グループのための1週間ワークショップが計画中です。ご期待ください!

アイボディ勉強会

アイボディ合宿経験者が練習をつづけるために毎月あつまり,ヴィジョンダンス,瞑想,インタビューなどをします。問い合わせは,東京:tokyo-p@eyebody.jp 京都:kyoto-p@eyebody.jp
東京は次回未定です。
京都は次回は8月27日(土) 19:00-21:00,参加費2,500円,多目的スペース「かぜのね」(京阪/叡電「出町柳」より1分)電話:075-721-4522 www.kazenone.org/

アイボディとは

ピーター・グルンワルドは,目と脳と視覚システムの各部分は体の他の部分と関係しあっていることを発見しました。 それにもとづき,近視,老眼,乱視その他の視覚的機能不全,のみならず,肩凝り,腰痛,頭痛,呼吸不全の原因になっている関係パターンの解消を助けるテクニークが開発されました。

この方法論においては,F.M.アレクサンダーによって発見された原理と,目の自然な使い方のベイツ・メソッドが統合されています。

老若男女,職業のいかんを問わず,この方法論は効果的に使われてきました。 特に近視,老眼,遠視,斜視,乱視,緑内障,白内障などの視覚不全のみならず,それらにともなう姿勢や脳のはたらきを改善します。

くわしくはピーター・グルンワルド著『アイ・ボディ』(片桐ユズル訳,誠信書房,2008年)をごらんください。

アイボディ・メソッドの学習には,ピーターとの合宿ワークショップと個人レッスンをおすすめします。

アイボディ・メソッドは医療行為ではありません。治療については医療専門家にご相談ください。

〒603-8035 京都市北区上賀茂朝露ケ原町16-202 片桐方アイボディ・ジャパン
E-mail : info@eyebody.jp

Copyright: EYEBODY.; info@eyebody.jp